Post image

私の好きな言葉

 『 花なくては萎れどころ無益なり 』二十代から世阿弥「風姿花伝書」を読み、人生の教訓にしているー。内面の美しさがない限り萎れたところで無意味であるという意味ですが、問題は「萎れ」世阿弥はこれを花よりも一段上のことにたとえている。 『 泥水くぐりて浄き蓮の花 』心にしみてくる言葉。蓮の花は泥水の中から、美しい花を咲かせるー。わたしの人生・・・正にこの言葉に尽きるといっても過言ではない。立原正秋の書...