Welcome to my blog

ママとまーくん&まめ

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年08月28日  1/1

花のある人 花になる人

『なぜ懸け衣があるのか』 男と女。能力でとらえる方法がある。情念のモノサシで測ることもできる。しかしいずれも部分的であって、男と女の違いを全体的に語れないのではないか。男と女。そう並べないで、「女とはなにか」の道をすたすた歩いてゆくと、「人間とはなにか」という大きな山の前に出るかもしれない・・・中略 「辻が花」という染めもので、室町時代の染色である。紅型に似ているが紅型ではない。友禅そっくりだが、...