Post image

運命の予感

 二月のパリ、真冬のシャンゼリゼ通りは、風が冷たかった。日が暮れるのは、午後4時過ぎ、空が紫からグレーに染まって行く、パリの夜は長い。 人々が、わたしや、わたしの傷心、わたしの孤独とは関係なく早い足取りで、通り過ぎて行く。異国での、寂しさを感じる。道行く人たちは、これから愛する者の待つ家路に帰っていくか、あるいはその家から出てきたばかりかー。 歩道までテーブルや椅子がはみだし、パリジェンヌや、恋人...