Post image

雛飾り

寒い日々ですが、もうすぐ雛祭り 早々と春のしつらいに玄関に、金沢の古布で作られた兎のお雛様を飾り付けしました。アンティークの薬段笥の上は、古布で作られた吊りびなです。厄よけにもなり、福が来ますようにと願います。普段使っている、漆器の高台にお雛様を飾るとひな壇の変わりになります。兎の目が、可愛らしい・・・可愛い物は、みんなまーくんに見えます古布の優しい色合いは、はんなりとして好きです。まーくんも、飾...

Post image

つかの間の日当ぼっこ~♪

 まーくんのつかの間の日当ぼっこ  ル ルルル~ ラ ラララ~ パパパ~ルルルルル~ 由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」懐かしい歌です! 「つかの間の雨」・・・確かそんな唄も歌っていました☂ 綺麗ですねー。由紀さおりさん☆ 1969年の頃、小学生・・・テレビでラジオで流れるこの美しい声に、魅了されていました! 歌詞の意味もよく理解出来なかった・・・しかし惹かれる声は、天使の声に聴こえていま...

Post image

巴里への憧れ、昨年夏の思い出

「今日よりも明日は寒くなります。」天気予報で伝えていましたー。 暑い季節よりは、寒い季節の方が好きです。身も心も引き締まり、シャキッとなるんです・・・滅多に風邪を引かないわたし、馬鹿は風邪を引かない!(笑)でしょうか?ブログを書くようになり、自分では気づかなかった事があります!と言うよりも、隠せない・・・心が文面に正直に出るということです。意識していなかったんですが、悲しい時、辛い時、敢えて、気持...

Post image

変わらぬ愛情

「ヒヤシンス」 花言葉  変わらぬ愛情 不変の愛     社会福祉の意味 日本語の「福祉」の「福」は、「神からさげわたされるめでたい酒」、ひいては「さいわい」、「しあわせ」をさしている。また「祉」は、「神が隣にとどまってさいわいとする」ひいては、 「めぐみ」の意であり、やはり「さいわい」、「幸福」を意味している。 社会福祉とは、「人々が社会生活をおくっていく上で生じる生活課題を解決していくための社...

Post image

雪消月

 2月に入り、昨日から小雪がチラチラと降り☃寒風の中、ガーデンの木も花も氷雨や雪に降られて、冬の侘しさを感じさせます・・・。枯れて葉も落ちることもなく冷たい雨に打たれながら、暖かくなる日を待って耐えているんでしょうかー。小世界でも自然に立ち向かっている強さに感動しています!秋に植えた花々も、ひっそり佇んでいる様にそろそろ春先のガーデンの準備をと気持ちだけはあるのですが・・・暫くは部屋で生花を...