Post image

山里のさくら

    桜の花が愛される要因の一つに、その散り際の美しさがあります。  ほんの短いあいだだけ咲き誇り、人々を驚嘆させた桜の花も  一陣の風にいさぎよく散ってしまう。  その散りぎわの見事さがひときわ心を捉えてきたのです。  さくらが咲く頃は、花冷え、花曇りと言われ寒暖の差が激しいですね。  全ての雑多を捨て、中春 霧島の山里を訪ねて来ました・・・。  見渡せば春日の野辺に霞立ち咲きにほへるは桜花か...