Welcome to my blog

ママとまーくん&まめ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 いのちの理由 』


 夜半、台風の襲来 明日の名月は雨の月かな・・・


 去年の中秋の名月の写真です
 鹿児島市の錦江湾にある雄大な活火山「桜島」
 噴火も今年は過去最大、私たちの生活は、火山灰と共に
 生活しているのですー。大きな噴火の音、降灰、
 普通に皆、共存せざるを得ない
 街中が、灰だらけで大変なことですが、
 皆、この桜島の雄大さにパワーを貰っているのも事実です。
 
  P9120629.jpg


 まーくんも中秋の名月を鑑賞していました!
 一年一年、早いものです・・・もう秋半ばなんですから


 P9120622.jpg

 

 先週、「コロッケのものまねショー」行ってきましたが、
 芸の巧みさは、勿論のことですが、沢山笑わせてもらいました。
 笑うって、いいことですね!・・・が、それだけではなく、
 最後に、オリジナルの歌を唄われたのです!
 今のわたしの心境には、応えましたね・・・
 癌を告知された時、癌=死を考えましたから、
 何の為にここまで生きて来たのだろうか?とか
 何の為に生まれて来たのだろうか?
 その答えを、「いのちの理由」この歌で
 心の奥深い所に響き、感動し、堪えていたものが
 涙となり、そうなんだ!命有る限り改めて悔いなく生きたい
 と、コンサート会場を後にしたのでしたー。
 
 長くなりましたが、よかったら、この歌をあなたにもー。
  
 作詞 作曲 さだまさし『いのちの理由』

私が生まれてきた訳は
父と母に出会うため
私が生まれてきた訳は
きょうだいたちに出会うため
私が生まれてきた訳は
友達みんなに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
春くれば 花自ずから散るように
しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ
かなしみの花の後からは 喜びの実が実るように

私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを傷つけて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに傷ついて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを救うため
夜が来て 闇自ずから染みるよう
朝が来て 光自ずから照らすよう
しあわせになるために 誰もが生きているんだよ
悲しみの海の向こうから 喜びが満ちてくるように

私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたを護るため 愛しいあなたを護るため


温かくて優しい彼の歌声はきっと沢山の心を救うと思う。さだまさし

ご訪問、ありがとうございました。
毎日の更新もできないわたしですが、応援、拍手をそして温かい
コメントもお忙しい中を本当に感謝しています。
<ブログのまーくんを観てメールをして来る母の励ましの言葉、
 いつも、私の身体を心配してもらい、申し訳なく思っています
 なんにも親孝行もできませんが、元気で頑張っている様子を
 ブログで感じて貰えたら、嬉しいです・・・
 感謝>              ママとまーくんより

- 4 Comments

N,yasu  

桜島ってきれいですね 行ってみたいな〜
外に洗濯物も干せないんですね
年中黄砂が降ってくるって感じでしょうか 大変ですね 
桜島を見ながら ご機嫌伺いながらの生活なのかしら

お花もきれいです 青いリンドウが特に
お母様は ブログを楽しみにして下さっているのですね
いいな〜 暖かな気持ちになれますね
歌はせつない歌。しみますね。

2012/10/01 (Mon) 21:40 | EDIT | REPLY |   

ま-くんの ママ  

N郎♪さま

こちらこそ、ありがとうございます!
バンド活動、等、ご活躍を、ブログにて拝聴しています。素敵ですね♪
中学、高校、大学時代、フォーク全盛の頃でした。同好会では、ギターを弾いて下手ながらも歌っていました(笑

雄大な美しい桜島へ、是非いらしてくださいませ!

2012/10/01 (Mon) 11:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/30 (Sun) 16:24 | EDIT | REPLY |   

N郎♪  

こんにちは★
桜島、噴火の音、降灰大変みたいですが、雄大ですね。一度行ってみたいです。
リンク集、追加させていただきました(*^.^*)
ありがとうございます★

2012/09/30 (Sun) 11:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。