〜女と着物〜


 いつまでも、くよくよしているのではないのー。

 時々、弱気になったりするのは、きっと・・・

 わたしは、あきらめの悪い女なんだと思うの

 いつまでも、元の元気な身体に戻るとどこかで期待しているせいね

 そんなわたしの愚痴を、心優しい女性の方々から、励ましの言葉(コメント)を

 寄せて頂き、反省と同時に有難くて、嬉しくて、涙が溢れ、お礼の言葉も

 足りない程に、大変感謝して居りますー。それぞれのブログの方に、お礼の返信を

 させて頂きましたが、ここで、改めてお礼を申し上げます。

 お詫びと言うには足りないのですが、お礼に、読書の秋なので、

 わたしの、好きな作家「立原正秋」の著書の一部を載せたいと思います。

 この作家以上に、惚れる作家に出逢えないのがわたしに取って残念なんですが、、、

 

 −坂道と雲とー より

二十代の女が 泥大島を上手に着こなしたら、これはもっと清潔な感じをあたえる。

三十代の女だったら、さかりをきわめ、といった色気をひきだせるにちがいない。

四十代の女なら、どっしりと落ちついた感じをあたえてくれるだろう。

もし、また五十代の女が泥大島を上手に着こなしているのをみたら、

私はそこに、その女のはなやかだった半生を垣間見るだろう。


 53歳の若さで、亡くなられたのですが、鎌倉に住み、着流しの似合う粋な男性
 憧れましたー。今でも・・・粋な人って男女問わず好みです。

 
 20代の頃から、表千家でお茶を習い、子育て、主婦業の、現実逃避していました。(笑)

 50代は、、お茶の仲間と楽しい人生をとー思っていたのに。
 人生ままならないものですねー。
 治療中の二年前の写真〜着物姿です、昨年秋の茶会に招いて頂き(先生の計らいです)
 髪の毛もまだ短くて、人前に出るのを
 ためらったのですが、気分転換にもなると思い、
 柿渋の着物に藤紫の帯を合わせて、はんなりとしてましたこの頃に戻りたいーーー
 記念に、写真を撮って貰いました。恥ずかしながらー。

 病は気からと言いますが、確かにこの時、わたしは闘病中なのに・・・
 気持ちだけは、負けるもんか!自分に負けない!と強気でした。
  
 ・・・今は、以前とすると 元気の源が無い感じ〜

 「・・・まどろんでいます・・・」仕方ない歳も増えたし(笑)

 まーくんの様子は、次回に更新しますねー。「猫のいる暮らし」のブログなのに!?
 ====================

 皆様、わたしも前向きに人生を楽しく生きます。
 皆様方の感性や、趣味、お仕事、とても素敵な生き方に元気を貰って居ります。
 ありがとうございます。

 
                      NEC_0488.jpg

   NEC_0490.jpg
    お茶会の席の後に先生と記念撮影
Theme: 生き方
Genre: ライフ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • ま-くんの ママ
  • URL
もも姫さまへ

こんばんは、もも姫さんも前向きに、頑張っているんですねー。

現状に、妥協すれば楽に生きられると頭で解っていても、あきらめきれない・・・

まだ、情熱が心の奥深いところで、叫んでいるのかもしれないわーーー!?

でも、大丈夫よー。こんな優しいコメントに励まされているわたしは、幸せ者だもの感謝!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • もも姫
  • URL
こんにちわ☆

ママさん お着物姿 とても綺麗です(*^_^*)
諦めの悪い女..前向きに生きていると、できないことをできるようにしようと頑張りますから大変ですけど、でも、やりたいことや夢のために頑張っていくことは素敵なことですね☆

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback