「 妻たちの忘年会 」


 結婚生活、30年その前の恋愛期間を足したら

 33年も夫と生きて来た・・・!

 お互い、飽きっぽい二人が、まぁ、不思議ね。

 「子はかすがい」とはいうけれど、、、

 今の時代、

 それが全てとは、思わない・・・が、

 子供達が大人になり、独立し、自立して歩んでいるのを

 静かに暖かく見守っている母親になれたのは、良かったかな。

 12月ともなれば、忘年会、でなくとも気の合う友人達とのランチは、

 お互いに都合のいい日を決めてローズ会(おばさんでも華はあるつもり・・・)していますが、

 12月は、1年ご苦労様会になるかなー。とかこつけて美味しいランチタイムに

 お喋りの花を咲かす。

 過日、ある会場で懐かしい友人との再会が切っ掛けで、

 「・・・さん、まぁ〜お久しぶりねぇ、どうしてたの?・・体調が悪いとは聞いていたんだけど・・」
 「ええ、まぁねぇ・・・乳がんになってね・・・(隠していましたから)(でも世間は噂は直ぐ広まるもの)」

 「ねぇ、今度あの時のメンバーで忘年会するんだけど、・・・さんもどう?」
  (娘の中学、高校時代のPTAの時の仲良しママさん達の集まり)
 「そうね、随分お逢いしていないし、会いたいわねぇ〜!いいの?」
 ……・女の話しは、延々と長くなりますので、適当にカットして書いています(オホッ、)


 さりげなく・・・
 我が家のダイニング〜リビングルーム紹介しますね、

 以前は、スチールの三枚の扉で仕切られていた、ダイニングとリビングを
 ノワールなイメージングで、コーディネートし、広く使えるようにしました。
 仕切りをはずし、シンメトリーに壁を創り、真ん中に二枚扉を付けるようにしています
 少し、レトロな雰囲気で、艶のある黒の扉にモダンなアンティークガラスを入れたデザインしました
 来週完成しますので、取り付けるのを楽しみに待っているんですが、
 カーテンも全て新しく作りました。焦げ茶のモダンなクラシカルな花のレースを
 生かしたくて、部屋の中の方に下げて、外側に同じ柄の少しラベンダー色の花の厚手の生地を
 ローマンシェードにして、光と影を楽しめるように工夫しました。

P1010044.jpg

 (解りづらい写真ですみません、)余りお金を掛けずに家具の配置や、
 カーテンを変えるだけで、随分イメージが変わりました。
 
 ( ダイニングルームが狭かったので、ヌックに変えリビングにダイニングテーブルを移動)
P1010048_20121213221914.jpg
 元々のダイニングルームに、カフェテーブルとゆったりしたファブリックの1人様の椅子を二脚、並べて
 夫が、テレビを観ながらお茶を飲んだり出来るように喫煙ルームにしています。
 ラベンダーとレモングラスを混ぜたアロマオイルを焚いていますから、消臭効果もあり
 さほど、匂いも気にならなくなりました。ご参考までに


 タイトルから、随分離れましたが、「妻たちの忘年会」

 歯茎の腫れも治まっていないのですが、約束の日程は変更するわけにはいかないので、

 先日、数年ぶりのPTAの友達と忘年会で再会しました。

 まぁ!変わらない人、変わった人、・・・当時、わたしは、30代前半

 PTAに行くのが、本当は嫌で嫌で、仮病でさぼったりしたこともありました(笑)

 だって、周りは、わたしより10歳はお姉様たちなんですから…怖かった、クスッ!

 知らない人には、歳を誤摩化して実際より5歳は歳を上に言っていました・・・。 

 初めて、このところだけ読んだら?なぜ?と思いますよね。

 継母、後妻、わたしに取って未だにこの言葉に心が震えるんです。

 望まれて、望んで覚悟して子供たちの母親になったのに、

 世間は、甘くない、容赦なくいじめてきますからね・・・

 あんな若い女が、二人の子供を育てられるのかしら・・・?

 色眼鏡で見られているのが、くやしかったな、なんか、わたしがみなさんに

 ご迷惑をお掛けしましたか?と叫びたかった〜

 ・・・とまぁー、ここまで歩んで来れたのは、不思議な力が支えてくれていたんでしょうね。

 過去は、もう遥かに過ぎたことですが、PTAの集まり、仲良しでも常に気遣いしていましたから、

 行く前に、「わたしは、今夜は病気を逆手に本音で話そう、後妻で継母の苦しかった想いを・・・」

 うふっ、勇ましい心意気で出掛けたものの、障子の扉の奥のお顔を見たら

 懐かしくて、そして笑顔で迎えられた雰囲気に、先程の勇ましさは消えていました(笑)

 10歳以上離れていますから、当然お孫さんが、3人よ、あら、4人よ!と

 殆ど、御主人様は、定年を迎えられた方々、お子さんの話し、お孫さんの話し、お姑さんの話し、

 それぞれが、この10年くらいの間に持病があり、ご苦労なさって来た歴史がみなにあるのです。

 ・・・さん、大変だったわね!先ず、娘の結婚の話し、孫ができた話し、・・・そして乳がんの話し

 「・・・わたしね、子供たちのことをやり遂げるまでは、愚痴れなかったの、
  だって、ほらみてごらん!やっぱりね!って言われるのが落ちでしょ!
  今だから言えるけど、本当は、逃げたかったほど、大変でしたよ〜!(涙)」

  
 料理も、かに鍋と冷えた身体も暖まる頃に、・・・さん、もう頑張ってきたんだから、

 これから、楽しみなさい。お姉様たちの優しい励まし・・・

 本音で、あの当時のことから、乳がんの大変さ、傷口を見たいと言うので、羞恥心より、早期発見の大切さを伝えたいから、30センチの横に切られた傷跡を見せました。皆さん、女性だから痛みが通じるのか、涙ぐんでいましたけど・・・全部喋ったら頭がすっきりしました。

 今まで、子供たちのことを思い、哀しかった胸の内を友人達には隠して見せなかった自分が、

 なんか、心を解放して楽になりたいと、切望しているような気がします。

 これも、ブログという媒体を借りて、さらけ出せる勇気が出て来たのでしょう。

 妻たちの忘年会、娘が高校を卒業して17年の歳月・・・

 もう、みんな穏やかで、あの頃のよそゆきの顔は終わっていたー。

 時が経てば、傷はいやされる と言いますが、

 取って置きたい傷もあってもいいのかな。

    
P9303369.jpg               ママとまーくん
  
      今井美樹 「プライド」                        
 
Theme: 最近の出来事。。
Genre: ライフ

Comment

  • ま-くんの ママ
  • URL
R.janvierさまへ

Reikoさん、33年あっという間の歳月でしたー。が、如何がでしたか。
リビングでまーくんも過ごしますよ。ママがいるところにまーくんはいます(笑)
・・・尊敬だなんて過分過ぎる評価ありがとうございます。写真で撮るとよく見えますものね。。。



33年

ドラマの中に出てくるような素敵なリビングですね。まーくんもそこで過ごすことが多いのですか?仕事も家事もブログも完璧でほんとうに尊敬します。(私の場合は結婚してから33年です。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback