Welcome to my blog

ママとまーくん&まめ

ARTICLE PAGE

I am mar

   『 回想』

  豆子が来てからのまーくんの気持ち・・・
  ママは、分かってるの。
  ママがニャンコをつれてくるなんて、考えたこともなかったでしょ。
  そのときのまーの驚きと寂しさ。写真に撮っていました・・・
DSC_0076.jpg

  9月、去年は花も咲かなかったのに、
  今年真っ赤な曼珠沙華が咲いた・・・
  …豆子を連れて来た日のことだったー。

  まーが、網戸越しにわたしの顔を寂しそうに見つめていたね・・・

 「??ママ、どうして?他のねこなんか連れて来たの?・・・」
 「ぼくが、きらいになったの? ぼく、ママに悪いことした?」

DSC_0072.jpg
  まーは、何も悪くなんか無いよ。
  まーは、自慢のねこ(まーは、自覚してないけど)自慢の我が子

  まーのせいじゃない、ママが駅で出逢ったばかりに・・・
  豆子とまで、名前を付けて、毎日通ってるうちに煩悩が出て来たのよね。
  まーと、仲良く生活出来たら、いいなぁ〜と微かな望みを描いたのー。

  _DSC0413.jpg

  _DSC0411.jpg



  まーくんと出逢った時、初めて猫に恋した。
  いつも、寄り添ってくれ、共に笑い、喜び、わたしの苦しんでいる姿をみると、
  一緒に、添い寝して慰めてくれた、おトイレも、お風呂も・・・いつも側にいた。
  親ばかと言われようが、世界で一番の猫だと思っていたから・・・
  
  だから・・・
  まー以外の猫に興味もなかった、たとえ可愛い猫を観ることがあっても・・・

  
DSC_0088.jpg

  この、一月半の間・・あれやこれやと、頭も混乱することもしばしば、
  こんな時に限って、仕事でも重要な出来事があるんだから、、、
  なんとかかんとか、やりこなして、自分の体の心配どころではなかった・・・
  さすがに、疲労がたまりめまいや低血糖で、主人が点滴をしてくれたり・・・
  今だから、お話しするんですけど(苦笑)
  本当に豆子を連れて来てからというもの、気の休まる日は無かったです(笑)
  愛するまーが、ストレスで死んでしまったら、どうしようか?とか、
  豆子もまーと慣れないでストレスになってるのではないかとか?

  ニャンコより、わたしの方が、ノイローゼ気味になっていました(あはははぁ〜)



  わたしって、結果が出ないと、話せない性分のようで・・・
  本当は、きついのに顔は笑って、隠してるところがあって・・・
  プライドっていうのかな?自分で蒔いた種は自分の責任だから、弱音吐けないのよね(ぶぅ〜)

  まーくんって、わたしと似てるかもしれない?いや、似てるよやっぱり!
  今日は、そんなこと一人で、ぶつぶつ思っていました。(笑)

  たまには、これもあり、いいですか?
  結果論で話す性分ですからね テヘッ。やな性格だ〜〜〜
  で、今朝のニャンコたちの様子は?
  元気に追いかけっこしてますよ(笑)

  疲れたら、それぞれ、違う場所で寝てるようですが、ママのいる近くでね(自慢)

11010168.jpg


11010169.jpg



11010170.jpg



11010046.jpg

  
ご訪問、応援いつもありがとうございます。感謝しています。
疲れた体も徐々に元気になって、ニャンコたちと楽しい我が家で
休日は、のんびり過ごしています。
皆様も、安らかな休日でありますように、また、今週もお世話になります。
                          まー&豆のママより
コメントの返信、明日になりますが、ご了承くださいませね。ありがとうございました。感謝! 


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2 Comments

ま-くんの ママ  

まねきねこにゃーさまへ

> ママさんの悩み、お察しします!
まねきねこにゃーさん、アドバイス大変参考になりました。ありがとうございました。
確かに、今まで、まーくんを一人で留守番させてる時は早く帰らなくてはと、まーのことを心配していました。
豆ちゃんが、家族になり、当初はまーが、とても嫌がり威嚇するばかりで、家を留守にする時は、豆ちゃんを
別な部屋で隔離するしかなく、また、これも豆ちゃんが可哀想で、早く帰らなくてはと・・・
まーくんと豆ちゃんの狭間で気を遣っていました^^:どうしたものか?気を揉んでいたのですが、
ただ、まーくんの優しさ、豆ちゃんの優しさを信じるしか無いと日が経つのを待っていました。
時間と共に、お互いが性格を分かり始めたようですよ!それぞれ違う生活習慣育った二人ですからね、、、
お互いが、歩み寄って来ています!今では喧嘩ではなくなり、コミニュケーションを取り合って、
猫ちゃんのトレーニングをしているようです。朝晩の追いかけっこもその一つのようです。ホッ。
わたしが、参っていましたが、わたしより、ニャンコたちの方が賢かったし、たくましいでした(笑)
まーくんも、以前の優しさを取り戻したので、これで安心して観ています。
コメントのお礼も随分遅くなりましてすみませんでした。本当に、いつもなんか助けてもらってばかり(笑)
心から感謝しています。ありがとうございました。また、色々教えてくださいませね。

2013/10/29 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   

まねきねこにゃー  

ママさんの悩み、お察しします!
我が家は初めッからふたり一緒なので、
逆にこれがひとりぼっちだったら・・・なんて思うこともあります。
さん君は、意外と天真爛漫なところがあるので、
ひとり留守番でも意外と平気なんですが、
(家中をひっくり返して発散していますが・・・。)
くろた君は、ものすごく寂しがり屋さんで、
さん君がいなかったり、
いつも家にいる者が出掛けたりすると
落ち着かなくなって、
目が三角形になってきます。
(ニャーニャー言って探しています。)
そもそも、猫さんは寂しがり屋なんですが、
そうでない素振りをして
隠しています。(と思っています・・・。)
ですから、
お留守番の時、帰宅したら
大はしゃぎで歓迎してくれます。
まーくんも、
ママがいない時間は、
きっと寂しかったんだろうと思いますが、
豆ちゃんが来て、
そろそろお互いに素性がわかってきたので、
仲がいいにせよ悪いにせよ、
留守中には寂しくはないと思います!
ふたりが危険なほど仲が悪いんじゃなければ、
プラス要素のほうが多いんじゃないかと思います。
(ちなみに譲渡会では、トライアル時間を設けて
どうしても気が合わない、危険だ・・・という時は、
キャンセルにしています。
個人的に拾われたりした場合は、
捨てなおすことは絶対してはいけないので、
部屋を分けるしかないでしょうね!)
自分なりの考え方かもしれないので、、
お役に立てないかもしれませんが・・・。

2013/10/28 (Mon) 01:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment