Welcome to my blog

ママとまーくん&まめ

ARTICLE PAGE

待ち時間

  
  人は人生の三分の一を寝てるという。

  では一生の間、待つのに費やされる時間は、一体どのくらいになるのだろう。

  もしかしたらそれ以上、もっと長い間ということもありそうだ。

  人によっては一生・・・なんてことさえも。

  私達の一日を振り返って見る。

  まずは電車に乗るにもバスに乗るにも、たいてい待たなければいけない。
   (わたしは、ほとんど車の移動だから信号待ちかな)

  仕事先では終業の時間を今か今かと。

  デパートに寄れば、トイレの前で立ち並ぶ。

  食料品売り場では、店員さんの慣れない手付きで包装するのを、

  ちょっと苛々しながら見つめている。

  レストランに入ればオーダーを取りに来る間を、

  カフェでは、珈琲が運ばれてくるまでをと、数え上げたらキリがない。

  一日の間には本当にたくさんの待ち時間がある。

  どんなささやかな時間でも、チリも積もれば山となるのだ。

  考えてみれば私達は、限られた人生の貴重な時間を、

  ずいぶん待つことに充てているのに気づく。


DSC_1004.jpg
 
  それが女性の待ち時間となると、

  もっと受け身でもっと期間も長くなる。

  十代の頃なら、心弾ませ恋人の出現を、二十代に入れば、結納の日を、

  結婚式を、出産までの十月十日を。
  (飽く迄、わたしの時代の話しですからね)

  三十代、四十代になれば、夫の浮気の止まる時を、(これは一般論ですから誤解の無いように)

  不倫のお相手を、(これも人に寄ってですから誤解の無いように)

  お姑さんと仲良くなれる日を、(同居して、かれこれ30年!頑張ったニャ〜)

  もしくは亡くなる日を(未だに健在、御年99歳でーす!)

  遺産分けの日を、(借金は、財産の内と、くっ、老後の資金があればいいか?)

  果報を、春を秋を、時には溜め息を混じえながら待ち続ける。

DSC_0949_20151007104916f45.jpg


  ひと区切りつけるたびに、人生を短くしながら、

  いつも目を細めて遠くを見ている。

  未来は漂う船だ。乗り換えるたびに、船酔いをする。

  最初はほろ酔い加減でも、だんだん酔い方が変る。

  座ってばかりいれば、腰がいたくなるし、足も弱る。

  大きな波に揺られれば吐き気もするし、めまいもしてくる。
  (わたしにとっての大波は、やっぱりこの5年間かな)

  待つというのは決して楽なことではない。

  とても疲れるものなのだ。(わたしの大の苦手、待つこと)

  だから、もし一生の間にたくさんの待ち時間があるのなら、

  幸福に繋がる待ち方をしなければ損をする。

  でも、待っていたら幸せは掴めない。

  どうやって時を過ごすか?

DSC_0882.jpg
  
  もちろん、待つ行為自体は悪いことではない。

  人生にはただじっーと嵐の行くのを見届けなければいけない時期だってある。

  病院のベットで、退院するまでを指折り数える日、
 (この5年間で4回入院してるけど、ニャンコ達に逢いたいから
  わがままで、早めに退院できるよう無理強いしたけどね)(゚∀゚)

  でも、それでさえも大事なことは、

  ”待つ”であって”待たされる”ではないということだ。

  待つと待たされる。

  女性達はよくこの二つを混同する。

  同じメロディを口ずさんでも「歌う」と「歌わされる」では、

  歌の持っているエネルギーとメッセージの伝わり方が全然違うように。

  本来、待つという言葉は能動態である。

  きちんとその人の気持ちが入っている。

  それが、待たされるとなると、仕方なく諦めて、

  その状態を保つというニュアンスに変るのだ。

  待つという動作自体が静と動に分けると静の部類に入るものだからであろうか。

  ただ、膝を抱えてぼおーっとしていたんじゃ見えるものも見えない。

  やっぱり行かニャか〜。前に向って。

  待つという自動詞をもう少し変化させて

  wait からwalkへ換えて。

 「幸せは歩いてこない。だから探しに行くんだよ」という、

  とてもシンプルなことを。

DSC_1000.jpg
 

 

2 Comments

ま-くんの ママ  

Tuesdayさんへ

こんばんは、はじめまして。
まー、二回も遊びに来て頂いたなんてありがとうございます!
共感して頂いたのでしょうか!大変嬉しいことです。
気ままな散文、思うまま書いています。この歳だからわかることってありますね。
限られた人生をどのように生きるかは自分次第。一日一日を笑って過ごしたいもの(笑)
ありがとうございました。

2015/10/07 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Tuesday  

こんばんは…はじめまして…

いつも まめちゃん達の写真に ほっこりさせていただいております。

今日は…心に染みるお話でした。
いくつになっても、優しい 素直な気持ちを忘れず 持っていたいと思いました。
もっと 時間を大切にして生きようと感じました。
ありがとうございます。

昼間もお邪魔したのに…もう一度 読みたくなって、またお邪魔してしまいました……(´▽`*)ゝ

2015/10/07 (Wed) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment